ミュージカル「裸の王様」

 

みんな、ばかと一緒に生きている!
音楽と歌と芝居が爽快に融合した、オリジナル・ミュージカルの決定版★
幼児から大人まで、誰でも直感的に楽しめます!

みんなもよく知っている物語「裸の王様」。
色々な劇団が作品化をしていますが、
それをおそらく世界で一番コンパクトな形で
生演奏ミュージカルに仕上げました。

“ばかには見えない”という特別な布。
大喜びで作ってもらう王様ですが、
はたしてその布は王様にも見えるのでしょうか。
それに大臣、町の人… あれれ、おかしい、見えないぞ?
いやいや、みんな見えないけれど見えるはず。
「そうだ、自分がばかであるはずがない!」

見えない布をめぐるお話は笑うところいっぱい!
でも、みんなにも布が見えちゃうことがあるかもしれません。
だって誰でも心の中に“ばか”が潜んでいるんですから…

そんな自分の“ばか”を笑い飛ばしちゃうお話、
それが「ミュージカル 裸の王様」です!

ミュージカル「裸の王様」全編公演動画(上はホール、下はフリースペース)

 

詳細条件  <役者2名、演奏者2名、スタッフ1名、計最低5名編成より>

原作「王様の新しい服(邦訳:裸の王様)」ハンス・クリスチャン・アンデルセン著

構成・演出 杜川リンタロウ
音楽    小塚憲二
出演    杜川リンタロウ(王様)/ 小瀬水素古(詐欺師)
演奏    つつみあつき(クラリネット/大臣)/ 稲神佐和子(ピアノ) 他
対象年齢  3歳以上~小学生~大人まで
会場条件  準備時間1時間より、会場問わず
上演時間  本編35分+小演目「アンデルセン紹介メドレー」「ミニコンサート」など、

      通常計45~60分
上演料   最低上演料金10万円より。通常、864円×観客数、

      ただし応相談、予算に応じる。
      ホール・会館の場合は最低21万円より(スタッフ増員必須)
      芸術鑑賞会などで時間に余裕がある場合は2回に分けて観ることも可能です。
      午前中2回公演可能。

      低学年「裸の王様」高学年「三人で三銃士。」の組み合わせも可。

      上演料は応相談。
      予算・規模によりトランペット等楽器追加あり。

 

音楽とお芝居が気持ちよ~くミックスされた
軽快愉快なノンストップ・ミュージカル。
上演時間40分の中に、本格的なナンバーは
なんと9曲、20分!たっぷり楽しめます!

アドリブいっぱい、掛け合いいっぱい。
演奏者だって役者で参加!
幼児から大人まで、みんな一緒に素直に楽しめます。
最後は子どもたちの「王様は裸だ~!」
の大合唱で締め。盛り上がりますよ!

 

ミュージカル「裸の王様」公演パンフレット
2012裸の王様.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.4 MB

初演の感想アンケートより
「とてもおもしろかった またきたいです」
「いつもはコンサートやお芝居で半泣きになる
 幼い息子が最後まで見入っていたのにびっくり!」
「音楽がかかると踊りだして舞台にあがろうとする
 我が子を止めるのが大変でした(笑)」
「王様の演技に人間の不思議な心の動きをみつけました」
「伸びのある歌声が心地よかった。
 生の演奏で臨場感たっぷり、これぞ贅沢ですね。」
「子供参加のミュージカル、よかったです」
「音楽といろいろなものがうまく融合した、
 見ごたえある舞台でした。楽しかったです!」

写真は一部、(c)ちりゅう芸術創造協会

つつみあつき(クラリネット&大臣)
 オーストリア国立ウィーン舞台芸術大学演奏学科
 クラリネットシュミーデル教授クラスに留学。
 同音楽大学教授会全会一致最優秀ディプロマ賞を受賞。
 ウィーン・ライモンド歌劇場首席奏者、
 リゲティ木管五重奏団メンバーとして活躍の後、帰国。
 ウィーンフィル日本公演(歌劇「ヴォツェック」アバド指揮)に賛助出演。
 NHKFM「フレッシュコンサート」「名曲リサイタル」全国放送に出演。
 名古屋市民芸術祭2000参加にてリサイタルを開催。
 モック木管五重奏団代表。JWE楽長。
 小松孝文教授、シュミーデル教授、エールベルガー教授(室内楽)の各氏に師事。
 日本演奏連盟会員。ムジカセラミカ振興会演奏者会員。
 2005年6月9日、名古屋国際室内楽フェスティヴァル、
 7月23日、国際クラリネットフェスティヴァルに出演。
 パトリコラ社製クラリネットを使用。

稲神佐和子(ピアノ)
 名古屋市立菊里高校音楽科、愛知県立芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。
 '03 日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション奨励賞。
 '05 レ・マーニピアノコンクール優秀賞、レ・マーニ賞。
 '07 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第4位。同受賞者披露演奏会に出演。
 '08 UCLAにてウ゛ィタリー・マルグリス氏のマスタークラス受講、ディプロマ取得。
 また大学主催の「ピアノ名曲の夕べ」、

 「新進演奏家コンサート」や学外のコンサートに出演。
 これまでに、コンスタンチン・イオネスク=ボブ氏、

 パスカル・ドゥウ゛ァイヨン氏の公開レッスン受講、
 小栗多香子、近藤千穂、長野量雄、松本総一郎の各氏に師事。
 現在は器楽、声楽、合唱、劇音楽などのピアニストとして東海地方を中心に活動中。

小塚憲二(作・編曲家)
 愛知芸術大学作曲専攻卒業。
 1986年「アニーよ銃をとれ」の編曲でデビュー。
 以来、「メリー・ウィドー」や「サウンド・オブ・ミュージック」など、
 名古屋市文化振興事業団の主催するミュージカル、オペレッタの編曲を
 毎年のように務める。
 また、オーケストラ、合唱、吹奏楽の分野で
 これまでに数千曲の作曲・編曲作品を生み出している。

 

小瀬水素古(詐欺師)
 専門学校名古屋ビジュアルアーツを平成22年春に卒業、
 中学高校とソフトボールで鍛えた熱い心が売りの新進気鋭。
 青年騎士ダルタニャンを体当たりで演じます。
 平成19年、ミュージカル『クリスマス・キャロル』出演。

 スクルージ母役(劇団ひまわり)
 平成22年、ミュージカル『アンデルセンものがたり』出演。

 少年ハンス役(総合劇集団俳優館)
 平成23年、音楽と朗読「ちいちゃんの終戦」朗読。

 (名古屋市民文芸祭2004市町賞受賞作品より)

 平成24年、名古屋市文化振興事業団ミュージカル「シンデレラ」出演。


<公演実績> 2011年8月初演、順不同・敬称略
愛知県芸術劇場、名古屋市緑区緑児童館、山田地区会館、稲沢市民会館、

亀山市文化会館、パティオ池鯉鮒かきつばたホール、

横浜市青葉区松風台D地区子ども会、福井県大野市下庄小学校、

福井県坂井市東十郷小学校、福井県坂井市平章小学校、春日井市ひがしの幼稚園、

横浜市金沢区マンション自治会イベント、福井県あわら市芦原小学校、

豊橋市高豊中学校、他